変額年金

変額年金とは、退職貯蓄を目的とする保険会社の商品のこと。

変額年金に加入した場合、一括払い、分割払いを問わず、年金保険契約が提供するさまざまな分離勘定ファンドから選択して、支払う保険料を割り当てる。

変額年金に対する繰り延べ税報酬は、分離勘定原投資の運用成績に伴い変動し、投資ポートフォリオまたはサブアカウントと呼ばれる。

被雇用者は、雇用主が提供する退職貯蓄制度内のオプションとして提供される適格変額年金もしくは非適格変額年金に加入することができる。
非適格年金保険は、被雇用者が各自加入するもので、多くの場合は他の退職貯蓄を補うのが目的である。また、個人退職勘定と類似している個人退職年金も選択可能である。ただし、この場合、原投資分離勘定ファンドとなる。

適格・非適格ともに、変額年金の魅力は、口座内の資産を年金化した場合に一生にわたる収入が保証されることと、分離勘定ファンドの間で免税の移転を行う権利があることである。非適格年金保険に加入した場合、年間の投資金額に対する連邦政府の制限はない。