変額年金保険

変額年金保険とは、通常の定額年金保険とは異なり、年金の運用成績に応じて給付される金額が増減する年金のこと。

年金は国が社会保険制度の一環として運用する公的年金と、民間の金融機関が運用する個人年金保険に分類される。変額年金保険は個人年金保険の一種である。

変額年金保険の年金原資は、国内外の株式、債券などを投資対象としており、加入者は投資先を決める事ができる。

運用実績によっては、支払った年金額を下回る場合もある。最低保証が設定されている保険を選択するなど、加入者はリスクの管理を行う必要がある。