売方日歩とは

売方日歩(うりかたひぶ)とは信用取引で売方が受け取る金利のこと。買い付け代金を借りた買方は買い付け代金に対する金利を払う。証券会社などから株式を借りた売方は、株式の売却代金を担保として提供する。したがって、この意味で資金の貸し手であるため、見返りとして金利を受けとる。

日歩は個別の銘柄に関して買方への融資残高が売方への貸し株の残高を上回る場合に支払われる。逆に下回って証券金融会社が外部から株券を調達してきた場合には、売方から品貸料が徴収される。これを逆日歩という。