売戻し条件付買入操作

売戻し条件付買入操作(buying operations under repurchase agreemcnt)とは、一時的に銀行準備を追加供給することが必要な場合に、中央銀行が一定期日後に特定の価格で売り戻すことを前提として、中央銀行が市中から有価証券を買い入れるというもの。中央銀行の金融政策手段の1つである公開市場操作の1手法である。

売戻しの期限がくれば、供給されていた準備が自動的に吸収されるため、この取引は、短期的な準備供給の手段である。この逆を買戻し条件付売リオペといい、また売(買)戻し条件がない売買操作は無条件オペないしは買切(売切)オペという。