売出発行とは

売出発行とはあらかじめ発行総額を確定させず、一定の売出期間を定めてその期間内に一般公衆に個別的に債券を売り出して、その期間内に応募された金額を債券の総額とする発行方法。

債券の発行会社自らが投資家に対して発行手続きを取る直接発行の1形態である。売出発行は発行条件を公告するのみで社債申込証を不要とするなど発行手続きが簡便であるが、応募者の保護や発行会社の健全性の確保などの観点から、特別法によって長期信用銀行外国為替銀行などの発行するいわゆる金融債についてのみ認められている。つまり、一般の事業会社はこの方法で社債を発行することはできない。