売られすぎ

売られすぎとは、国全体の経済の見通しが、ポジティブな状況であるにもかかわらず、ある株式銘柄、市場部門、もしくは市場全体が急激に値下がりする状態のこと。

テクニカル・アナリストは、売られすぎ市場では価格をさらに引き下げる売り手がほとんど残っていないため、これを値上がりへの前段階であると考える。