垣根問題

垣根問題(業際問題)とは、普通銀行制度のほかに、長期信用銀行制度、信託銀行制度、外国為替専門銀行制度等の専門金融機関制度、銀行・証券分離制度などの各種金融制度によって「垣根」がめぐらされ、金融機関業務が限定されている状況のことを指す。
日本の金融制度はこれまでの間、上記の制度から専門制、分業制をその特徴としていた。
これまでの間、垣根問題は日本の金融制度上の課題とされてきたが、1993年の業態別子会社方式による相互参入の開始や、1998年の同子会社業務に対する規制の撤廃によって事実上解消したということができる。