均一価格販売方式

均一価格販売方式とは、社債発行時に引受シンジケート団が組成され、社債の発行条件(発行額、年限、利率等)が決定されてからの一定期間は、すべてのシ団メンバーに決定された均一価格による販売を義務づけるという形式。内外の社債発行時の販売方式の一形態である。国内社債円建て外債の募集の基本的な方式である。


社債の発行段階において引受業者の過当競争等から価格の引下げなどが発生すると、募集自体が混乱して市場の信頼を失う可能性があるため、それを防ぐ目的で行われる。

業者の過度の競争を予防し、発行条件の市場との乖離を回避することで社債市場の透明性の確保を図る。