国際分散投資とは

国際分散投資とは、運用資産に外貨建て資産を加えてポートフォリオの分散を図り、リスクを低減させるとともに、投資機会を見つけることをいう。

外貨建て資産と国内資産の相関が相対的に低いことから、複数の国の資産に投資することでリスクを低減させるとともに、新たな収益機会を得ることができる。

デメリットとしては短期的に為替変動の影響を大きく受けることや、負債キャッシュフローとの連動がなくなってしまうことなどがあげられる。