国際会計基準

国際会計基準とは、国際的に制定された会計基準のことを言う。制定したのは、国際会計基準委員会である。
国際会計基準の項目は多岐に及ぶ。まずは財務諸表についての基準が明確にされている。
国際会計基準では、会計基準の概念をはじめとした、会計基準の基本的な概念からの解説が試みられている。財務諸表についてのフレームワークが中心となって構成をされている。このうえで、個別の基準もいろいろと用意されている。個別の基準については大きく分けて2つの種類に分類することができる。

まずは、国際会計基準書である。ちなみに国際会計基準書については34の項目から構成されている。
もう一つの個別の基準は、解釈指針委員会解釈指針等と呼ばれている基準である。解釈指針委員会解釈指針等については、31の項目で形作られている。

国際会計基準は、現在国際財務報告基準という形で受け継がれている。
国際財務報告基準には従来の国際会計基準に加えて、国際財務報告基準書と解釈指針委員会解釈指針等、国際財務報告基準解釈指針委員会による解釈指針という項目が新たに加えられている形をとっている。
国際会計基準は、一種のグローバルスタンダードとして多くの国で採用されている。