国債管理政策

国債管理政策とは、国債が国民経済に無理なく受け入れられるよう、国債の発行・償還や流通の各面で行われる政策。

具体的な政策としては、

1.国債の種類の多様化
2.発行時期・方式の効果的な選定
3.有効な流通市場の育成
4.財政負担の軽減
5.満期構成の最適化
6.関連する経済政策との協調

などがあげられる。

国債管理政策は、戦争で国債の累増した米英において特に重要な施策として実施されたが、国債価格支持の意味合いが強く、金融政策を減殺してしまうという問題がある。このため、国債残高累増にともなって国債管理政策と金融政策の協調が重要な課題となっている。