国債市中消化の原則

国債市中消化の原則とは、財政を健全に保つために、日銀引受による国債発行を禁止して、国債は市中資金で消化するという原則。

日銀引受による国債発行は、日銀引受額に見合うハイパワードマネーの供給という形でマネーサプライの増加をもたらすほか、国債の安易な発行につながるなど、インフレ防止のうえで問題が多い。

財政法5条で国債の日銀引受を原則的に禁止しているのもこうした問題があるためである。