国債価格支持政策

国債価格支持政策とは、政府または中央銀行が、財政の利子負担増大を避けるために、市中にある国債を買い支えて流通価格を維持し、発行条件の悪化、つまり新発債応募者利回りの上昇を防ぐ政策。国債管理政策の1つ。

日本においては、国債の引受消化が金融機関の協力消化に大きく依存しているため、金融逼迫期の大量売りによって流通利回りの上昇をみる公算が大きく、国債価格支持政策の意義は大きかった。

国債の買い支えで市中に資金が供給され、金融引締めの効果がなくなるおそれがある。