固定比率とは

固定比率(fixed assets ratio)とは固定資産額の株主資本額に対する割合。長期的な企業の財務健全性を評価する指標である。

固定資産として長期間にわたって拘束される金額は原則として自己資本の範囲内であることが望ましい。したがって、一般的には当該比率は100%以下であることが適正といわれる。
しかしながら、大規模な設備投資を実施していたり、成長途上にある業種や企業の場合には、こうした基準は厳しすぎるため、同比率が100%を超えているからといって適正水準を超過しているとは必ずしもいえない。近年では設備投資の需要の高まりと共に、固定比率が100%を大きく上回る会社が増えてきた。

そこで、固定資産額を株主資本と固定負債で除した値である、固定長期適合率が基準として使われるようになった。