困難時の配分

困難時の配分は、個人が緊急の金銭上の必要性に追られ、401(k)プランや他の適格退職貯蓄プランから積立金を引き出すこと。

引き出しを行うには、加入するプランが米国歳入庁(IRS)のガイドラインに沿って定めている諸条件を満たす必要がある。

許可の対象となるのは、加入者本人が初めて自宅を購入する場合や本人または扶養家族の医療費の自己負担分や大学の授業料にあてる場合などである。ただし、59歳6カ月未満であれば、引き出した金額に対し10%の加算税と所得税が課せられる。また6カ月間は年金プランに拠出を再開できない場合もある。