回帰分析とは

xとyの関数において、変数xの値が1つに定まると、それに対応して変数yの確率分布が、つまりyの平均値が定まるときyはxに回帰するという。この特性を利用して行う分析を回帰分析とよぶ。