商業銀行主義

商業銀行主義とは、商業銀行はその本質が短期金融機関であるため、短期の預金を資金源として信用創造機能により短期の商業貸付のみを業務とすべきであるという考え方。預金銀行主義ともいう。

一方、1つの金融機関が長短両貸出業務を行うべきとする考え方を兼営銀行主義という。

この典型は、18世紀頃の英国商業銀行のサウンドバンキングに見いだすことができる。兼営銀行主義と比較すると銀行経営の健全性で優れているとされている。

日本の近代的銀行制度の導入もこの理念のもとで行われたが、慢性的な企業の資本不足という日本経済の特徴などから、日本の商業銀行にあたる普通銀行は長期貸出も行うようになっているため、兼営銀行主義がとられてきたといえる。