商品貨幣

商品貨幣(commodity money)とは、商品としての実体的な価値をもつ貨幣のこと。貨幣が、交換手段、価値尺度、価値保蔵という機能を果たすためには、だれでも受け取ってくれる一般受容性ないし受領性(general acceptability)を備えていなければならない。

たとえば、歴史上多くの国で貨幣として用いられてきた金属、穀物、貝などは、それ自体が商品としての価値をもつため、多くの人に広く受け入れられていた。

このように、商品価値により一般受容性のある貨幣を商品貨幣といい、そのうち金、銀などの金属の場合を金属貨幣とよぶ。

それに対して、商品としての価値は低いが、高い価値をもつものとして受容され交換手段等に使われる貨幣を信用貨幣とよび、紙幣がその典型である。