品貸料

品貸料とは、機関投資家や証券会社が証券金融会社に有価証券を貸す際の料金のこと。

信用取引で、売方は株を買方の担保株券で賄うが、通常は信用取引の残高が貸株残に比べ融資株残が多いため、売方の株券は買方の担保株券で賄うことができる。

貸株残が融資株残を上回った場合には、信用制度の枠組みのなかだけでは株券が不足することになる。この不足株を調達するため、証券金融会社は証券会社や機関投資家から品貸申込を受け株券を借りる。

この品貸料は個々の銘柄の調達の容易さにより異なる。料率は取引所が公表する。証券会社は品貸相当の金額を信用取引のすべての売方から徴収を行い、すべての買手に分配する。