品借料

品借料とは、一般的には有価証券を借りる際の料金のこと。

信用取引の場合には、売方は株を借りて売ることになるが、融資残株が貸株申込を上回っている場合には、借りる株が十分にあるため品貸料を支払わなくてすむ。

逆の場合には、株が不足して、証券金融会社機関投資家証券会社から株券を借りる必要がある。この料金に見合う分を売方は 負担しなければならないが、これが品借料であり、逆日歩ともいわれる。