名義書換とは

名義書換とは発行会社との関係で株主であることを主張するために、株主名簿に住所・氏名を記載すること。株主名簿への記載手続は名義書換請求により行われる。

名義書換請求は、株券と名義書換請求書を添付して証券会社を通じて行うのが普通である。名義書換を行うと、株主として配当を受ける権利が生ずると同時に、名義が表に出る。これを嫌う大手投資家は、いったん手持株式を売却し、同時に信用取引で同一銘柄、同一数量の株式を買い付け、これによって配当等の権利を取得してから売却代金で現引することがある。これを名義忌避という。