名目主義

名目主義(nominalism)とは、貨幣の本質および機能の根源はその素材である金属の価値にあるのではなく、交換手段または支払手段としての機能にあるとする。現代の金融政策の基本的考え方となっているものである。

名目主義と異なり、貨幣の価値はその素材にあるとする考え方は金属主義という。