受渡適格銘柄

受渡適格銘柄とは、実際には存在しない標準物を対象として取引を行うが、当該限月の売買最終日までに決済されなかった建玉は現実に存在する現物債券を受け渡して決済することになるが、この受渡可能な銘柄として証券取引所が定めた銘柄を受渡適格銘柄という。