受取配当の益金不参入

受取配当の益金不参入とは、法人が他の法人から受け取った配当は, 企業会計上は益金とされるが,法人税法上は益金に算入されないこと。これは、受取配当が法人税の対象となると、法人税が会社の分割および合併に対して中立的でなくなるから。

会社の一部門の利益は、会社の利益として1度しか課税されないが、その部門を子会社化とすると、子会社が利益に法人税が課税され、さらに親会社に支払われた配当が、また法人税の対象となると1つの利益に2度課税されることになる。

この場合、会社はその部門の分割子会社化は税負担との関係上不利になるため、既存の子会社は合併したほうが有利となる。

受取配当の益金不参人は、配当が法人間で受払されている段階を非課税とするものであり、受取株主が個人である場合の支払法人段階の課税と受取個人株主段階の課 税の二重課税の問題とは課税の次元が異なる。→法人税,配当の二重課税