受取配当の益金不参入とは

法人が他の法人から受け取る配当は、企業会計上は益金となるが、法人税法上は益金に参入されない。受取配当が法人税の対象となると、法人税が会社の分割および合併に対して中立的でなくなるからである。

会社の1事業部のあげた収益は会社の利益として1回しか課税されないが、これを子会社にしたときには、その会社の法人税として課税されるので、親会社への配当分も課税されてしまうと、1つの利益が2回課税されることになってしまう。これだと事業部を分割して子会社にするのが難しくなってしまい、既存の子会社はすべて合併してしまったほうが有利となる。