取消不能信託

取消不能信託とは、信託(財産の運用管理を委託すること)を設定し、受託者(財産の管理・処分をする者)を選定し、1人または複数の受益者を指名する信託のこと。

条件を変更できないという法的な取り決めである。

信託証書は、受託者を記載している。受託者は、1人または複数の受益者に最大の利益をもたらすよう資産を管理するとともに、設定者の意向に沿った運用を行う責任を負う。

取消不能信託は、資産を恒久的に財産から抹消することによって得られる税の優遇措置を受けるために、一般的に利用される。