取引報告書とは

取引報告書とは、証券会社は有価証券の売買、証券先物・オプション取引その他の取引が成立するたびに、遅滞なく作成し、顧客へ交付する報告書のこと。証券取引法で定められている。

報告書には取引の種類、顧客名、約定月日、銘柄、数量、単価、売買金額、手数料、取引税額などを記載することになっている。これは価格変動が激しい有価証券の取引に関し、投資家保護の徹底を図ることが目的となっている。売買価格、売買銘柄等をめぐる顧客とのトラブルを避けるために用いられている。