取引停止

取引停止とは、取引所が特定の株式もしくは他の有価証券の取引を一時的に停止すること。

一般に取引は、その企業に関する重要な情報が公開される直前、もしくは買いと売りのバランスが、著しく崩れたときに停止される。

告知が予定されている場合には、影響を受ける企業は取引所に、告知が間近に迫っていることを知らせる。

一時停止あるいは取引の一時中止は、告知内容の良し悪しにかかわらず、市場に告知の内容を吸収する時間を与え、株価の価格変動性を抑えることに役立つ。