取引停止処分

取引停止処分とは、6カ月以内に2回の不渡りを起こした場合に適用されて、処分を受けた者は手形交換所参加金融機関との当座取引および貸出取引を2年間停止されるという措置。決済のために手形交換所に持ち出された手形・小切手が不渡りとなった場合に取られる。倒産の種類のうちの1つで、任意整理もしくは私的整理と呼ばれる。

法令によるものではなく、手形交換所が信用取引の健全性の維持と手形・小切手の流通促進を図るために内部規則によって実施している。