取引一任勘定取引とは

取引一任勘定取引とは証券会社等は、有価証券の売買取引等について顧客の個別の取引ごとの同意を得ないで、売買の別、銘柄、数または価格について定めて売買する行為のこと。これは証券取引法で禁止されている。

顧客と証券会社間の紛争には売買一任勘定取引に起因するものが多いため、従来から取引の自粛が行われてきた。