取引レンジ

取引レンジとは、株式取引所や店頭市場では、特定の株式あるいは市場全体における、ある期間中に取引された最高値と最安値の値幅のこと。

商品取引所の中には、ポジションを保有するために必要となる最小限の証拠金が要求されるため、商品ごとに取引レンジを設定しているところがある。

市場価格が制限値段幅以上またはそれ以下に変動した場合、登録会社に追加証拠金(マージン・コール)を請求する機会を与え、口座の価値が証拠金規定額を下回る顧客からマージン・コールを徴収するために、取引は休止される。