危険回避とは

危険回避とは投資家のリスク、リターンに対する選考態度のひとつ。

投資家が、以下の2つの性質を満たすときに、その投資家はリスクに対して危険回避的であるという。

1.期待収益率が同じであればより小さなリスクを好む

2.同じリスクであればより大きな期待収益率を好む


ポートフォリオの選択に際して、同じ効用水準を維持するために、追加リスク1単位に対してより大きな期待リターンを求めるような投資家が危険回避的な投資家と呼ばれ、財務理論や証券投資論で前提とされる投資家のタイプである。

同様に、リスクの選好度に応じて、危険中立的、危険愛好的などと呼ばれる。