協同組織金融機関

協同組織金融機関とは、経営形態が協同組合組織による金融機関のこと。通常の株式会社組織と対比させて使われる。

株式会社のような利潤追求を第一義的な目的とするのではなく、地域や職能を同じくする人、団体、事業体が、生活や生産などを向上させるため資金を提供しあって出資者(会員または組合員)間の相互扶助を重視する非営利的な企業形態である。

株式会社組織である普通銀行が不特定多数の企業や個人を対象としているのに対し、共同組織金融機関では、会員資格により特定化された顧客に金融サービスを提供することが特徴である。

日本では、1900年に制定された産業組合法にもとづく信用組合制度が最初のものである。
日本において、この形態に属する金融機関には、信用金庫、信用組合、労働金庫JA(農業協同組合)、漁業協同組合の5つがある。

このうち、信用金庫と信用組合は、一定規模と地域に限定された中小企業と一般大衆、労働金庫は労働組合、消費生活協同組合、各種共済組合団体と一般労働者、JA、漁業協同組合は農業、漁業の経営者、従事者とその関連団体が構成員である。