効率的市場仮説とは

効率的市場仮説とは、情報が開示され次第ただちにしかも合理的に価格形成に反映されるために、誰もがその情報によって継続的に他人よりもすぐれた投資成果をあげることができない市場を効率的市場としたときに、それが現実の証券市場にも成り立っているとする仮説のことである。

ウィーク型、セミ・ストロング型、ストロング型の3つのレベルがあるとされている。