劣後株式

劣後株式(defered stock)とは、優先株式とは逆に、配当もしくは残余財産の分配において他の種類の株式よりも劣後的な地位が与えられる株式。普通株式とは権利内容の異なる株式の1つ。

既存の株主の利益や将来の普通株式発行を妨げない形で、親会社や政府等から資金面での援助を受ける手法として使われている。