加重平均株価指数

加重平均株価指数とは、一部の株式の価格変動の影響が、全体的な指数のの変動に比べて大きい株価指数の算出方式の一つのこと。

時価総額加重平均株価指数では、市場評価が低い株式の価格変動よりも、もっとも評価が高い株式の価格変動のほうが、指数に大きな影響を与える。

S&P指数の時価総額は、1株当たりの現行価格に浮動株の数を掛けて算出される。その他の時価総額加重指数では、価格に発行済み株式数を掛ける。時価総額加重指数は、市場価格指数とも呼ばれることがある。

一方、ダウ・ジョーンズ工業株30種平均(DJIA)のような重みなしの指数では、同様の価格変動がその指数が含むどの株式で起こった場合でも、指数の値の変化に対して等しく影響を与える。