利益金とは

利益金とは、売上総利益、営業利益、経常利益、税引後利益などのこと。

売上総利益は、一般的には粗利と呼ばれ仕入れして、販売した際の利ざやを示す。

営業利益は、売上高から販売費および一般管理費などの営業費用を差し引いた事業活動から得る利益である。

経常利益は、営業利益から支払利子をはじめとした金融費用等の営業外収支を引いたものである。その期の企業の業績を表す。

経常利益から特別損益と納税額を引いたものが税引後利益である。
税引後利益は企業活動の全成果を表し、再投資、配当、役員賞与に用いる内部留保などの源泉となる。

理想的には、最終利益である税引後利益を重視すべきであるが、臨時的でかつ単発の収支が含まれるため、日本の投資家の間では利払後の事業利益という意味で経常利益を重視するのが一般的である。