利抜きとは

利抜きとは信用取引の買い建玉が値上りした場合、それをいったん売って、 また買う、つまりクロス商いをして利を収めることである。

利抜きの目的は、まず利益を確定させることである。また、利抜きの結果、信用取引の証拠金が増えるため、買い建玉を増やせることにもなる。

ある銘柄が継続的に上昇していきそうな場合、利抜きをしながらその相場についていけば、大きな利益を収めることができる。