利回り

利回りとは、ある投資商品から得る収入であり、投資商品の購入価格に対するパーセンテージで示される。広義には投資収益率と等しく、投下資本の単位期間あたりの増殖率を指す。投資条件を与えて投資収益率を求める際に利回りと表現される。たとえば普通株の場合の利回りとは、配当利回り、すなわち年間配当を購入株価で割った比率である。

ただしこの言葉は、株式の総利回り(配当に値上がり益を加えたもの)を投資額で割った、収益の割合という意味でも使われる。債券の場合、利回りは、直接利回り、すなわち年間利子収入をその債券の購入額で割ったものである。

投資意思決定時には投資家の期待利回り(要求利回り)から対象証券の価値額を求めて、それを時価と比べて時価の割高割安を判断する。投資終了後に実際の利回りを計算して、投資の成功、失敗を判定する。

債券利回りは一般的には受取り利子と償還差益とを投資額でわって計算した最終利回りを表すが、ほかにも直接利回り、途中償還利回り、実効利回り、保有期間利回りなどがある。