利回り革命とは

利回り革命とは1960年代以降、株式の配当利回りが恒常的に債券利回りを下回る状況になったことをいう。
60年代に入り、株価が長期的に上昇してきたことで配当利回りが低下を続けて、景気とは無関係に債券利回りをつねに下回るようになり、配当利回りを基準に株式投資を行うことに意味がなくなった。
利回り革命の後は、株価収益率投資尺度として広く用いられるようになった。