再評価積立金とは

再評価積立金とは企業の所有する資産を再評価して、再評価された資産と帳簿価格との差額のこと。資産再評価法に基づき規定された勘定科目。

再評価積立金は資本剰余金と同様に、資本の部として資本金に組入れることができる。これを再評価積立金資本金組入れといい、資本金に組み入れられた金額に見合う株式を発行して無償で交付することができる。

株式会社以外の法人の再評価積立金の資本組入に関する法律で資本組入れの方法について定められている。