円転換

円転換とは、銀行が外貨資金を取り入れ、これを外国為替市場で円資金に換え、円資産として運用すること。略して円転ともいう。外貨建て負債が外貨建て資産を上回っている場合には、円転換ポジションという。

円転換は、これを無制限に認めると国内金融市場が混乱するとして規制されていたが、外国為替管理自由化の流れで、1984年6月に規制枠が撤廃された。

反対語は円投入