円転コスト

円転コストとは、日本に所在する銀行が内外市場から取り入れた外貨を外国為替市場で売却し、円資金に換えることを円転換(または略して円転)というが、円転した資金に対するコストを円転コストという。外貨取入れコスト(金利)に対円の先物ディスカウント(ないしプレミアム)幅(年率)を減じて(ないし加えて)算出される。

通常の場合、コール・手形、CD(譲渡性貯金)、現先等の国内市場金利とほぼ同水準となる。

円転を行う際、銀行は為替変動リスクを回避するため、外貨の返済期日にあわせて先物外国為替市場で「円売り・外貨買戻し」の逆取引を行って資金コストを確定するのが一般的である。