内部検査

内部検査(internal inspection)とは、金融機関などが本店もしくは支店に対して自主的に行う事務検査のこと。内規で定めた事務規程を遵守した事務処理が実施されているか、不適切な取引がないかなど、おもに業務処理体制面での健全性が確認される。

多くの場合、金融機関などは経営陣に直結した検査部をもち、これが適宜の間隔を置いて定期的に検査を実施している。問題が生じた場合は臨時検査を実施して、自浄作用を促す。なお、内部検査に対して外部からの検査としては、金融庁の検査、日銀の考査などがある。