公開市場

公開市場とは、支払い能力のある投資家が有価証券を売買できるマーケットのこと。

米国市場は、すべての買い手に対し公開されている。それに対し、非公開市場は、投資を市場がある国の国民に限定することがある。非公開市場では、海外投資家への有価証券の販売を制限したり、こうした投資家への特定産業の有価証券の販売を禁じたりする場合がある。

例えば、海外投資家はいかなる会社の株式も49%を超えて保有してはならないという国や、海外投資家は銀行もしくはその他の金融サービス会社に投資してはならないという国も存在する。

公開市場という言葉はまた、需要と供給に応じて金利が上下するという環境を説明する場合にも使われる。