公開市場操作

公開市場操作(open market operations)とは、中央銀行が金融調節の目的で、金融機関や一般企業が参加する公開市場に介入、つまり国債等有価証券や手形の売買を行うことによって市場金利に影響を及ぼすこと。

中央銀行が市中から有価証券等を買うことを買いオペ、逆に中央銀行が保有している有価証券等を市中に売却することを売リオペという。

日本、米国、英国などで公開市場操作が金融政策の中心的な手段となっている。