公的セーフティネット

公的セーフティネットとは、証券会社や預金取扱金融機関などの経営悪化や経営破綻が金融システム全体の安定性や効率性を損なうことのないように、公的当局によってあらかじめ講じられた制度的措置の総称。

金融機関の資金繰り助ける中央銀行貸出、預金者保護のための預金保険制度、顧客資産の保護のための投資家保護基金などが該当する。

これに対し、金融機関が業態別に定めている相互援助制度は、私的セーフティネットとよばれる。