免許制とは

免許制とは、証券会社の経営基盤の強化や社会的地位の向上、投資家の保護を目的として、証券業を自由に営むことを禁止し、監督官庁の審査により選ばれた特定のものにのみ開業が認められる制度のこと。

1965年の証券取引法改正で証券業の開業について免許制に移行した。免許はディーラー、ブローカー、アンダーライター、 ディストリビューターの4種の業務別に与えられる。

関連語
登録制