償還利回り

償還利回りとは、投資家が購入した債券を償還期日まで保有した場合の利回りのこと。

新発債の場合は応募者利回り、既発債の場合は最終利回りといわれる。

年間利息と、券面価格と買入価格との差異である1年当りの償還差益(損益)との合計額と、買付価格との比率という形で償還利回りが表示される。

最終利回りは通常債券購入時に確定するが、外貨建債券や変動利付債を購入した場合は、為替変動リスクや金利変動リスクが生じるため、最終利回りが確定しない場合もある。→新発債、既発債