債務者区分

債務者区分とは、金融機関は、自己責任で資産内容の実態を反映した財務諸表を作成するために、企業会計原則等にもとづいた適正な償却や引当ての準備作業として「自己査定」を行うが、その際に使われる与信先の信用力にもとづく区分のこと。

すべての与信先を信用力に応じて以下の5つの債務者区分に分類している。

1.正常先
業況が良好で、財務内容にも特段の問題がない債務

2.要注意先
金利減免・棚上げを行っているなど、貸出条件に問題のある先、元金返済もしくは利息支払が延滞しているなど、履行状況に問題がある先のほか、業況が低調ないし不安な先または財務内容に問題がある先など、今後の管理に注意を要する債務

3.破綻懸念先
経営破綻の状況にはないが、経営難で経営改善計画などの進捗がかんばしくなく、今後、経営破綻に陥る可能性が大きい債務

4.実質破綻先
法的・形式的な経営破綻の事実は発生していないが、深刻な経営難で再建の見通しがない状況にあるなど、実質的に経営破綻に陥っている債務

5.破綻先
法的・形式的な経営破綻の事実が発生している債務